国賀海岸ビーチクリーン

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 23:08

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

こんにちは!

4月9日に西之島にて「国賀海岸ビーチクリーン」が開催されました。

隠岐しぜんむらも、漂着ごみワークショップの講師として参加しました。

 

 

 

なんと今年は、100名以上の方々が参加してくれました!

海士町や知夫村からも参加しに来てくれました。

高速船が欠航していなければ、島後や本土からも参加者が来る予定だったそうです。

毎年参加者が増えているようで、嬉しい限りです。

 

 

まずは海岸全体を歩き回り、ゴミを拾い集めます。

 

崖の下にも降りて、ゴミを集めました。

 

 

 

 

ゴミが集まったら、崖下のゴミはバケツリレーの要領で上へ引き上げたり…

 

ロープで引っ張り上げたりします。

 

崖下のゴミだけでもこんなにたくさんありました。

漂着したゴミは海を漂っているゴミの極一部なのですが、海中にあるゴミの量を想像すると恐ろしいですね…

 

拾い集めたゴミを回収車まで運び込んだら、作業終了です!

心地よく汗をかきました。

 

 

 

 

手を洗った後は、綺麗になった海岸でティータイム&ワークショップです。

 

今回のワークショップ用に、しぜんむらスタッフで事前にゴミの調査をしておきました。

海岸を20平米に区切ってゴミを集め、ゴミの出身国ごとに分類し、どの国のゴミが多いのか調べます。

 

調査結果はワークショップで発表します。

韓国・日本・中国・ロシアの順でゴミが多いと判明しました。

 

普通は海流にのってゴミがやってくるのですが、韓国からのゴミは偏西風によってやってくるそうです。

国賀海岸では、日本のゴミは韓国より少ないという結果になりました。しかし、海流に乗ってハワイへと流れ着く日本産のゴミが非常に多いそうです。世界中で気を付けなければいけませんね!

他にも、ゴミが環境に与える影響や、ゴミを減らすために必要なことについて話し合いました。

 

皆さん真剣に聞いてくれてありがとう!

 

 

 

ちなみに、ティータイムのお菓子は手作りのリンゴケーキとチョコクッキーでした!

お皿にはツワブキを利用してみました。

自然に還るものを使う事によってゴミを減らす…色々な工夫ができますね。

 

 

おいしい火山学学習会

  • 2017.03.05 Sunday
  • 15:38

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは、隠岐しぜんむらの深谷です。

しぜんむらでは、隠岐のジオパークを住民の方に

学んでいただく機会を増やすために

ジオパーク講座の開催にも力を入れているところです。

ジオパークといっても、地質だけでなく動植物、歴史文化など

多岐の分野にわたっていることから、講習会の内容もかなり

広い内容になります。

この中で、住民皆さんが苦手意識が強い分野として

地質・地形であるように思っています。

この分野は、一般的にもかなり人気薄なのではと思っています。

 

今回は、隠岐の成り立ちをわかりやすく参加者の皆さんに

知っていただくために、身近な食材を使って

火山のしくみや岩石のでき方を体験してもらう

実験を体験してもらう講座を開催しました。

田舎なのに、約20名の方に参加いただく事ができ、

大盛況のイベントとなりました。

 

 

片栗粉で作った柱状節理

 

ココアで作ったカルデラ

 

アガーの中にジャムを貫入(溶岩の貫入岩)

 

チョコシロップとはちみつで溶岩の粘り気の比較

 

炭酸水を使った火山の噴火実験

 

 

中学校の遠足の講師

  • 2016.09.03 Saturday
  • 17:43

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お隣の島の中学生の遠足のジオパーク学習の講師として同行しました。

絶好の遠足日和の好天でよかったです。

暑さがまだ残るものの、ほほをなでる風は秋そのもの。

 

 

みんな菱浦港から目的地の明屋海岸まで自転車で頑張りました。

 

 

 

途中立ち寄った隠岐神社で、なんと片目のアマガエルの遭遇。生徒も私も皆驚き。

 

 

 

明屋海岸のスコリアの上で火山の噴火を体験。

 

 

 

【受付終了】NPO法人隠岐しぜんむら 事務局スタッフ募集

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 15:42

〜募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。〜

 

キンニャモニャ祭りも終わり、海士町は全体的に「もう夏も終わりだなぁ…」モード。

私たち隠岐しぜんむらも、秋口からは徐々に事務系の仕事が増していきます。

拡大期を迎える隠岐しぜんむらは秋から勤務できる事務局スタッフを募集します。

 

---------------

 

NPO法人隠岐しぜんむら 事務局スタッフ募集

 

明屋海岸

 

残したいものがあります 

そのために今、伝えたいことがあります

私たちは、自然が未来に残され、人と自然とが共生する社会を目指した教育事業・地域振興・調査活動を、島根県隠岐の離島「海士町」で行っています。

 

前身の自然保護団体設立から16年、NPO法人化から5年、時代の変化とともに私たちの活動が根付き拡大の時期を迎えています。これまでのフィールドに根差した環境教育事業や調査事業の拡大に加え、制度設計や地域カガイドの育成といった大きい枠組みで自然保全につながる事業が始まりました。

 

そこで、こうした事業に取り組む事務局スタッフを募集します。

 

◆業務内容

エコツーリズムや環境教育に関する講座や会議の準備・開催、動植物や文化に関する文献収集・整理、資料・報告書作成、研修宿泊者の受入れ、自然体験スタッフ、希少種をはじめとする動植物の調査アシスタント、他。

NPO法人隠岐しぜんむらの運営に関する幅広い業務をお任せします。「業務はこれ!」と明確に決まっているわけではありません。自分からできることを見つけ、主要メンバーの一員として事務局を運営していってください。

 

◇業務の一例

【エコツーリズムや環境教育に関する講座や会議の準備・開催】

エコツーリズムや環境教育に関する講座や会議を開催しています。日程調整、告知、会場手配、資料作成、当日実施、報告書作成といった準備から開催までの一連の流れを行います。

対象は個人の地域ガイド候補、関連団体、公共自治体と幅広いですが、相手が近いことが特徴で、携わる会議や事務が次の方向性や成果に反映されるのをダイレクトに感じながら働くことができます。

 

【動植物や文化に関する文献収集・整理】

「どう自然や文化を守っていくか。」この問いを考えるとき、私たちはフィールドでの活動も知識もどちらも大切にします。新しい情報、過去の文献や他地域の事例などで見識を深め、活動に生かしています。

現在は海士町教育委員会・隠岐のジオパーク推進協議会と協働して動植物や文化の地元資源の掘り起こしと整理を進めており、何をどう守っていくか、計画・提言していきます。

 

【研修宿泊者の受入れ】

私たちの拠点である金光寺山の都市農村交流センターでは、研修宿泊者を受け入れています。海士町の取り組みは全国的に有名で、生物系や環境系のスペシャリストだけでなく、教育系や地域政策系の学生さんや視察に来られた方を受け入れています。

 

【自然体験スタッフ】

数十人の小学生による自然体験イベント、企業のCSR活動やご家族やサークルの自然体験・エコツアーなどのスタッフとしてフィールドに出ることもあります。大きなイベントでは工程表作成、備品注文、アクティビティで用いるアイテム制作、関係者との連絡といった準備を数か月前から行います。当日は、進行役やアクティビティの補助で参加者の笑顔や真剣な表情を間近で見ることができます。

 

【希少種をはじめとする動植物の調査アシスタント】

フィールドで活躍するスタッフのアシスタントとして、カメラや網を持って調査に同行します。関係機関からスペシャリストが協力してくださることも多く、貴重な話を聞くことができます。

 

◆応募条件等

◇募集人数

若干名

 

◇勤務開始時期

2016年9月〜10月上旬

応相談ですが、急募のためすぐに勤務開始できれば尚可

 

◇応募資格

・社会人経験者(第二新卒者歓迎)

・非喫煙者

 

◇必要な免許・資格

・パソコン(Word、Excel、Powerpoint)を実務上使えること

・普通自動車免許(AT限定可)

 

◇必要とされる資質

・NPO法人隠岐しぜんむらのミッションに理解と共感があること

 http://www.sizenmura.com/1000/post.html

・社会常識を備え、顧客、支援団体、事業関係者から好感を受ける対応ができること

・協調性、柔軟性

・自己研鑽と新しいことに挑戦する意欲

・自律して業務に臨めること

・ファシリテーション経験があれば尚可

 

◇待遇

・雇用形態:正規職員

・雇用期間:期間の定めなし(試用期間あり 労働条件変更なし3か月)

・給与待遇:法人の規定による。通勤手当あり。

・賞与:その年の業績に応じる(平成27年賞与支給あり)

・保険:社会保険完備

・勤務時間:月曜から金曜9:00〜18:00 休憩60分 

 ※繁忙期を中心に変則勤務あり 変則勤務の場合振替休日を取得

・休日:年間106日(法人カレンダーによる)

・フレックス勤務希望は試用期間3か月の後、応相談

 

◇募集の背景

隠岐の世界ジオパークへの登録、環境への関心の高まりを受けて、平成27年から事業拡大をはじめ、平成28年はこれまで自主事業で行っていた森のようちえん「お山の教室」が町の教育魅力化プロジェクトの一環として組み込まれることとなりました。

事業の増加拡大に伴い、事務局スタッフの拡充が急務となり今回スタッフを募集します。

 

◆法人概要

・法人名:特定非営利活動法人隠岐しぜんむら

・設立:平成24年

・代表者:深谷治

・従業員数:7名

・事業内容:隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進活動、エコツアーガイド、自然体験プログラム企画運営、環境教育プログラム企画運営・講師派遣、野生動植物調査・アセスメント業務、自然学校・森のようちえん企画運営、研修宿泊施設「都市農村交流センター」の活用

・WEBサイト:http://www.sizenmura.com/

 

◆応募方法

郵送またはメールで次のものを下記に送付ください。担当者より折り返しご連絡差し上げます。

(1)履歴書(直筆、PDF可)

(2)レポート(1,000字以内)

  テーマ『文明社会での自然のあり方』または『私と自然のかかわり方』

 

◇応募期限

2016年9月30日(金)必着

※適任者が見つかり次第募集終了しますので、お早めにご応募ください。

 

◇提出先・問い合わせ先

〒684-0403 島根県隠岐郡海士町大字海士5328-6

sizenmura@navy.plala.or.jp

TEL/FAX 08514-2-1313

NPO法人隠岐しぜんむら 採用担当 荒木宛

 

施設からの眺望

拠点「都市農村交流センター」からの眺望(夏)

 

拠点「都市農村交流センター」からの眺望(朝日)

 

都市農村交流センター外観

都市農村交流センター外観

伊藤園の方々によるCSR活動をお手伝いしました

  • 2016.06.09 Thursday
  • 22:29
お〜いお茶で有名な(株)伊藤園の社員の方々が隠岐に来てくださいました!

みんな知ってる「お〜いお茶」だけでなく(私は健康ミネラル麦茶も好きです)
伊藤園の方々は、茶殻リサイクルや絆プロジェクトなどなど、様々なCSR活動をなさっています。

今回は
「お茶で日本を美しく」
日本各地の環境保全・整備活動を支援するCSRの一環として隠岐に来られて、私たちNPO法人隠岐しぜんむらもお手伝いさせていただきました。
http://www.itoen.co.jp/kirei/


風呂屋海岸の清掃活動。皆さんやる気満々です。


漂着物の現実がよく見える日本海の離島「隠岐」をご紹介させていただきました。


種類に分けたり…


違う素材の同じ道具を手にとっていただいたり・・・

「お茶で日本を美しく」の活動は美観だけにとどまらず、環境保全も目的とされています。
漂着物も同じく美観だけではない、環境悪化、動物や人への影響といった多面的なテーマですので、伊藤園の社員の方々は皆さん真剣な表情でした。


清掃活動では伊藤園の方々のチームワークが炸裂!
大きな大きなロープのかたまりを回収されました。すごい・・・


大人5人がかりでないと引けないほどの重量のロープ。


回収したごみを前に。

ごみ回収のトラックが満タンになるほどのごみを回収していただきました。
伊藤園の皆様、ありがとうございました!

NPO法人隠岐しぜんむらは、CSR活動や企業向け研修のサポートもさせていただいております。

翌日、お茶に興味津々の伊藤園の皆様(さすが!)にふくぎ茶を楽しんでいただいてお見送り。
おいしいお茶の淹れ方を教えてもらえるお茶セミナーも開催されているそう!
環境のことから、ほっとするお茶の時間まで、伊藤園の皆さんはすてきな活動をたくさんされていて、新たな刺激と学びをいただきました。

(スタッフ:アラレ)

大山隠岐国立公園こどもパークレンジャーの第2弾!

  • 2014.11.25 Tuesday
  • 19:50
大山隠岐国立公園こどもパークレンジャーの第2弾!
大敷網を見に行こうお魚料理にチャレンジ

今回は漁業でとれる魚を買いに行き、料理して食べてみよう!というミッションのため、朝早くに集合!

しか〜し!あいにくの雨・・・。
雨に負けず、こどもパークレンジャー活動開始だ!
大敷網で水揚げした魚を観察に港へ行くぞー!

ここで問題発生!
海が荒れていて、漁師さん達が大敷網漁に行けなかった。
でも、この事を予測していた漁師さんたちが魚を確保してくれてた!海を知る漁師さん達に隙はありません!
漁港で大敷網の仕組みについて、少しお勉強。


そして、船と対面だー!カッコイイ♪

実物を目の前にして、見るだけじゃつまらない!
やっぱり実際に乗ってお勉強だぁー!
乗船希望のレンジャー達は実際に船に乗ってお勉強。

捕った魚はここで買えます♪
魚の名前がずら〜り!
知ってる魚の名前もあるけど、知らない魚の名前も沢山あるー!

実際に、魚を観察することはできなかったけど、大敷網漁の事はいっぱい知れたね。
そして、次はお料理のためにちょっと移動。
料理の先生たちが来るまで、生の魚を間近で観察。
ハマチ、アカバ、カマス、サバ、イワシ、カワハギ、アジ、白イカ(ケンサキイカ)、アオリイカ
いろんな魚がいるなぁ。

保護色をテーマにゲームをしよう!

青色フィルムを通して見ると、ある色の魚が見えなくなったー!
すごい発見だ!魚の色にも理由があるんだ!

保護色は魚だけじゃない!
陸上の生物も保護色使ってるんだね!

みんな見つけられたかな〜?

先生もそろって、いよいよ料理開始!
今日のメニューは刺身・煮つけ・お味噌汁だ!美味しく作れるかな〜?

低学年グループと中・高学年グループに分かれて作るよ!
生の魚にドキドキしつつ夢中になってお料理開始!

中・高学年グループはお刺身担当
低学年グループは煮つけ担当
生の魚をさばくことができるかな〜?

作業に没頭の中・高学年グループ
順番に作業しながらにぎやかな低学年グループ

みんな飲み込みが早い!


途中で低学年グループを中・高学年グループがお手伝い♪


そしていよいよ完成!


上手に出来て美味しかったね♪
もりもり食べて、こどもパークレンジャーのミッション終了!

実際に魚に触れて、食べてみて
魚の事をたくさん知ることができたね♪
明日からは魚博士だ!

集まれ!こどもパークレンジャー!海の生き物調査

  • 2014.10.26 Sunday
  • 16:20
9月27・28日に「遊んで学ぶ海の自然塾!こどもパークレンジャー体験!」活動を実施しました。
今回のテーマは「本格!海の生き物調査!」です。
島後から小学4年生と5年生の15名がこどもパークレンジャーになるべく、参加してくれました!
どんな活動をしていたのか、覗いていきましょう♪

当日の朝、きんにゃもにゃセンターで任命式が行われ
国立公園パークレンジャー前川さんから、こどもパークレンジャーになるために任命書をもらいました。

 まだまだ始まったばかり
 緊張した趣で任命書をもらっています。

 最初は仲良しグループで固まっていましたが
 これから、どの様に変化していくのでしょうか!

いよいよ活動開始!
まず初めに自己紹介をし、海の生物の関係性と役割をゲームを通して学んでいきました。

 自己紹介と自分の好きな海の生き物を発表!
 選んだ生き物によって、ゲーム中の役割が変わります。

 「まだちょっと恥ずかしい〜」
  そんな心の声が聞こえてきそうです。

 
 海の中の食物連鎖を3つのグループに分かれて再現!

 何が大事なのか?
 どういう役割をしているのか?

 実際にゲームを通して学んでいきます。

 全力で自分の役割をはたし
 息を切らしながらも楽しそうでした。
 
 ゲームの中でおやつの飴もGET☆
 

ここで最初の指令が・・・!
「海中展望船あまんぼうに乗って、海の中の生き物を調査せよ!」

早速、あまんぼうに乗り込み調査を開始!
説明を聞く真剣な眼差しは、立派なレンジャー
メモを取る手も早くなります。
ガイドしてくれたのは海士町観光協会のサミーラさんと、海洋館アクアスのお魚博士、伏見さん。


宿泊施設の隠岐自然村についてひと休み。
ご飯を食べ終わって、一息ついたところで次の指令が!

 「岩ガキをすみかにして生きる、小さな生き物を調査せよ!」

  指令を聞いたら、すぐに準備して出発だ!











いわがき生産組合さんの作業場にお邪魔して、岩ガキに住む生き物たちを観察します。
沢山の生き物が中から出てきて、ビックリ!
急いで集めて、観察とメモメモ!


 
 岩ガキの役割について説明してもらい
 岩ガキと海の関係・海士町での取り組みについて
 学んでいきます。

今日の活動はここで終了!
自然村に戻って今日のまとめの時間♪



最初は恥ずかしがっていたけれど、ここまでくればみんな友達!
協力し合って、今日一日のまとめ完成ー!

そして待ってましたー!
全力で学んだあとは、お腹もぺこぺこ。
みんなでカレーをいただきまーす!



お腹いっぱい!今日はこれで終了ー!
明日も元気に頑張ろうー!

さぁー2日目も朝ご飯を食べたら、早速次の指令が!
「磯の生き物を調査せよ」

安全対策もバッチリ!準備して出発ー!
あちこちで聞こえる子供たちの声
島後の海と同じかな〜?
どこにどんな生き物がいるかな〜?
捕まえた生き物で小さな水族館を作ろうー!

それぞれのグループが個性ある水族館を披露!
捕まえた生き物は最後に逃がして、バイバイ☆

最後のまとめの時間。
みんな仲良く磯の生物についてまとめていきます。

どんな生き物がいたのかな〜?


これで指令はすべて終了!
立派なこどもパークレンジャーとしての知識と考え方を学び終了式。
こどもパークレンジャーの認定バッジをGETだぜぇ〜♪

あっという間の一泊二日のパークレンジャー体験
新しいお友達との別れは寂しいけれど、またきっと会おうね!
またね〜♪


今回のパークレンジャー体験では、大人でも迷うことを次々に吸収していき
自分たちで考える事に発展させていった子供たちに驚かされました。
子供達の素直な感性と発想は大切にしていきたいです。

それではまた、次の自然塾でお会いしましょう♪
次は、「本格!漁師町の料理人修行!」in西ノ島(11月9日)です。






































お申込締切は11月2日です。

電話/FAX:08514-2-1313
メール:sizenmura@navy.plala.ora.jp






 

【幼児対象】お山の教室〜初夏〜

  • 2014.07.31 Thursday
  • 11:38
5月から金光寺山で始まった「お山の教室」山
3歳から小学校入学前の幼児対象の自然教室です。

緑はキラキラ、お空は青々晴れ
初夏の「お山の教室」をのぞいてみましょう葉っぱ

-------------------------------------------------------------------


お山の上まで、よいしょよいしょアセアセ
「ぼくもおしたいよ〜!」


泥遊び、だいすきおかお(幸せ)
「おもちつくー!」「スープつくるー!」「しおとこしょうをパッパッとふって・・・」
泥が苦手だった子も、少しずつ触れるようにき



クズのつるは、人気の遊びアイテムキラン
引っ張ったり、縛ったり、電車ごっこしたり・・・電車



虫さん元気かなあ虫眼鏡
「バナナ虫〜、バナナ虫〜バナナ



この日は野外クッキングも。
だんご汁を作ったよ味噌汁
みんなお料理だいすき!
「ぼくがまぜるーーー!!ぼくがやるーーー!!」
の大げんかで取り合い、言い合い、そして時々ゆずり合い。



「お山の教室」は時々おでかけ。
この日は海ーーー海ビックリマーク
ちょっと冷たいけど、そんなの忘れちゃう。



「モバとったよ〜!」



抱っこ抱っこ♪で海あそびかお


「お〜い!フェリーーー!!!」船



ソーメン、ゆでま〜す。


きゅうり、切りま〜す。
そーっとそーっと。じょうずじょうず!



お弁当のあとは、いつも手遊びと絵本本
この日は海のおはなし。


山あそびに、お料理、海あそびまでした初夏の教室でしたniko


--------------------------------------------------------------

お山の教室が始まって、約3ヶ月たちますが、
子どもたちの遊びは無限大。
次から次へと色々な遊びを作り出していきます。
誰にも指示されず好きなだけ遊ぶ姿は、見ていてとてもほほえましいです。

自分でやりたいことを自分で決めてやるので、
時々それぞれの主張がぶつかり合います。

泣いたり、たたいたり、叫んだり、自分の気持ちを必死に表現しながら、
時々、ゆずり合い、我慢し、協力し合ったりしています。

そんな時、大人はできるだけ子どもたちに任せるようにしています。
それでも近くにいる場合は、それぞれの気持ちを受け止め、
「ああしよう」「こうしよう」という提案はできるだけ大人からはしないようにしています。

まだ始まったばかりの教室ですが、
虫が触れなかったのが触れるようになったり、
海に入れなかったのが入れるようになったり、
泥を触るのがきらいだったが触れるようになったり!!
たくさんの自然、生き物と触れ合う中で、少しずつ成長していてうれしく思っています。



現在、「お山の教室」は夏休み中海

次は、9月中旬から始まります!

どんぐりや落ち葉のじゅうたん、コオロギころころ、虫の声・・・落ち葉
秋ならではの出会いや遊びが、たくさんありそうな予感♪

週1回、子どもたちをつれてぜひ遊びにきてくださいおかお(幸せ)

参加希望の方は、以下をご覧ください↓
http://okishizenmura.jugem.jp/?eid=390

(さーや)

海士町産業文化祭・展示『自然と共に〜地域のたから、地球のなかま〜』

  • 2013.10.25 Friday
  • 21:48
10月26日(土)・27日(日)の二日間、
海士町では産業文化祭が行われます。
町民でつくり上げる町の文化祭。
台風に備えて屋台は中止になりましたが、展示や芸能があります。
保育園児からお年寄りまで、いろんな分野でがんばる町の人たちの作品や発表を見ることができます。

今年は隠岐しぜんむらも展示をさせてもらいました。
場所は中央公民館2階。隠岐世界ジオパークのコーナーの向かい側です。
ぜひお立ち寄りください。





『自然と共に〜地域のたから、地球のなかま〜』
・隠岐固有種(昆虫・貝)の標本
・海士町の絶滅危惧植物の写真
・離島の鳥カラスバト剥製と紹介
・さわって感じる身近な自然
・主催企画「島の自然楽校」の活動紹介

ふるさと再発見ツアー隠岐ジオパーク講座

  • 2013.09.13 Friday
  • 12:08

ふるさと再発見ツアー
 
隠岐ジオパーク講座

【日時】9月14日(土)10:00~11:30
【会場】開発センター1階研修室
【講師】深谷治氏(NPO法人隠岐しぜんむら代表、文化財保護審議会議員)
【対象】どなたでも!
【定員】30名
【主催】海士町中央公民館08514-2-1221



世界ジオパークに登録認定されてから初のジオパーク講座です。

内容は日々進化していますので、一度受けたことがある方もぜひご参加いただければと思います。実験なども織り交ぜて、なるべく分かりやすく面白いと思ってもらえる講座を目指しています。




隠岐自然村・NPO法人隠岐しぜんむら webサイト



関連のブログはこちら★↓
『海士町の自然歳時記』はランキングに参加しています。
クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ

にほんブログ村






calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM