8月27日〜29日に開催した小学生向け自然体験企画
隠岐☆しまの自然楽校


今回あつまった
ちびっこ冒険家は、

低学年5人、中学年6人、高学年2人

の13人です。
米子市、松江市、境港市、安来市から、
3時間の航海を経て、
隠岐諸島のひとつ中ノ島にやってきました
島の名前は中ノ島、町の名前は海士町です。



フェリーに乗る前はちょっと緊張ぎみだった子どもたち。
どきどきしながらフェリーに乗って、
デッキから外を見渡します。

「あ、いた!」
下の方に、港まで送ってくれたおうちの人発見。
「おにいちゃ〜ん、いってらっしゃ〜い!」
という、弟くんの声も聞こえます。

ちょっとはずかしそうに手をふってみる子、
意気揚揚と大きく手をふる子。





汽笛がなって出発だ!
声を合わせて「いってきまーす!!」
緊張も不安もふっとばせ!

たのしい冒険のはじまりだ〜





3時間の船旅。

だれかの声。
「見えてきたよ島が見えてきた
みんなで外に見に行きました。
遠くにうっすら見える、島の影。
わくわくは高まります・・・


船の中でのお弁当タイムで腹ごしらえをすませ、

いよいよ、

上陸だぁ〜。

島ってどんなところかなぁ。








泊まる施設「隠岐自然村」は、山の上にありました。
ひろ〜い海が見えるこの場所で、入島式。
旅の仲間13人とリーダー8人の共同生活がはじまります。



まずはじめの冒険は、漁業体験!
さっそく海へ出発!

船に乗って魚釣り。
漁師になっちゃおう



教えてくれるのは、
地元の釣り名人、平田さんとまーくん








2人の名人の指導のもと、
最初はなかなか釣れなかったけれど、

「つれたー

自分の顔より大きい魚が釣れました。
ピッチピチはねるから、つかむのに一苦労






「ダブルきたー

「すげー、トリプルー




はじめて釣りをした子もどんどん釣れて、
大喜びでした。


自信たっぷりに自然村に帰ります。
だってこんなに大量のおみやげだもんね。
村長よろこぶぞ。






釣った魚は外で焼き、今日のばんごはんに。
正真正銘さっきまで生きていたお魚。
海の恵みをいただきます。
自分たちで作ったコンソメスープも大人気。
外で食べるとおいしいね。







旅の仲間ともどんどん仲良くなりました。
全員の名前を書いた旗が、潮風にゆれています。





夜はスターウォッチングをする予定が、
雲で星が見えなかったので、
夜の自然観察、ナイトウォークに出かけました。

ガチャガチャガチャガチャ、ってにぎやかに鳴いている声の正体は?

探したら、
クツワムシに出会えました。
ほかにもいろんなものに出会えたそうです。



明日の期待を胸に、
おやすみなさ〜い







2日目につづく



よぴ





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ
にほんブログ村

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM