寒くなってきましたね〜。

それと同時に、
山の木々が少しずつ色づいてきました。

隠岐民謡しげさ節の歌詞の中には、
「隠岐は絵の島、花の島〜♪」とあります。
ほんとその通りだなぁと思うのですが、
寒くなってきても、海士にはいつも花畑があるんですよね。

今の季節の見どころは、海士町じゅうに咲いている黄色い花。
特に金光寺山の道沿いにはたくさん。



春の山菜でおなじみのツワブキです。
存在感のある大きめの花を咲かせます。
海岸性の植物ならではの、
てかりのあるしっかりした大きな葉っぱ。

ツワブキの名前の由来は、

艶(つや)+ふき、だとも
強(つわ)+ふき、だとも言われています。
どっちも説得力ありますねぇ。



あと一つ、最近咲きだした黄色い花があります。
それは隠岐固有種「オキ○○○○○○」
今度ご紹介します!


yopi

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM