こんにちわ
海士町はオキノアザミ、オキタンポポが元気に咲いている今日この頃です。
夏鳥たちもぞくぞくと渡ってきてます。
ツバメやアマツバメが空を横切り、水が入った田んぼには白サギの仲間たちが来て餌を探しています。
夜は「ほ、ほ、」とアオバズクの声がひびきます。



さて、初夏の隠岐諸島、引き続き受付中のプランと、7月に開催日が決まったプランのご案内です。

震災後、さまざまな思いが交錯する中で、社会や個人の変化について考え実践したり、今や未来をじっくり見つめ直したりするために役立ててもらえるようなプランを行っております。

ご家族やカップル、グループなどでお気軽にご参加ください。


【お知らせ】
宿泊+自然体験+食体験のパッケージプラン
「震災に思う、明日を見つめる休日 in 隠岐諸島」 詳細

2泊3日「島暮らしの休日」7月16日〜18日に実施決定。
限定3組、参加者募集しております。

1泊2日の「週末島日和」プランも日程希望制で受付中です。



≪パッケージプランについて≫
宿泊と体験のセットプランです。ツアーではありません。
体験の時間、お食事の時間は決まっていますが、
その他の時間は各自自由にお過ごしください。


拠点となる都市農村交流センターは、
海士町の景勝地である金光寺山の中腹にあります。
あいた時間は、山道散策したり、
木につるしたハンモックでのんびりしたり、
オーシャンビューの部屋で昼寝をしたり、
思いきり外遊びをしたりできます。
ゆったりした島時間だからこそできることがあります。

 ●疲れを癒してリフレッシュする
 ●日常やこれからを頑張るために充電する
 ●心を落ち着けて自己を見つめ直す
 ●電気を使わない休日の過ごし方をしてみる
 ●自然の中で思いきり遊ぶ
 ●家族や仲間との絆を深める


≪島の休日シリーズ開催にあたって≫

東日本大震災より2か月と1週間以上が経過しました。
悲しみの中立ちあがって頑張っておられる被災者の皆様、
支援者の皆さまのご健康とより早い復興をお祈り申し上げます。

人々にとって深い悲しみと不安を呼んでいる震災、原発の問題は、
現代人の暮らしや生き方における課題を浮き彫りにしました。
これを機に、自分自身の暮らし方・生き方を変化させたいと、
多くの方が感じているのではないでしょうか。

この、変化の時に、
日常生活や自分自身を見つめ直したり、
家族や友達、大切な人との絆を深めたりするために、
隠岐の自然パワーを生かすことができたらいいな・・・と思っております。

なお、このプランの収益の一部を被災地に寄付させていただきます。

詳細はこちら




関連のブログはこちら★↓
ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

 にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ

にほんブログ村



Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM