体験メニューの紹介です。

研修プログラム

環境学習フィールドワーク


環境や地域を学ぶ学生さん向けの研修プログラム。
現代社会が抱える環境問題の現状や本質を学ぶためのフィールドワークです。
特徴は、小さな離島は日本の縮図ともいえ、人の営みと環境とのつながりが見えやすいという点です。

このワークで学んでもらえることは、何か特別な「成功事例」や「失敗事例」ではありません。
現状を見聞きしたりアクティビティを体験することを通して、参加者それぞれがすでに抱えている問題意識とつなげて、感性を磨き考えを深めてもらうためのフィールドワークです。

この土地独自の生態系、人の暮らしと恩恵、産業と環境の関係性、住民が行う保全活動などについてふれ、
いろんな角度からものごとを見ていきます。


【題材】
・産業と環境の関係性(漁業、林業、農業の視点から)
・人の暮らしと自然の恩恵
・大地の成り立ちと人類の歴史
・隠岐独特の持続可能モデル「牧畑」と現在の放牧地
・自然林と人工林
・溜まり続ける漂着ゴミ

【体験内容】
・隠岐の自然環境を見て歩くエコツアー
・地球と人類の歴史を体感するアクティビティ
・漂着ゴミが生物に与える影響を体感するアクティビティ

★アクティビティ例(地球メジャー)
地球誕生からの歴史を視覚的に体験。

約280万年前の火山噴出物でできた赤壁がそびえたつ明屋海岸。
大地のエネルギーと地球の歴史を感じるこの場所で、草原に置いた46mのメジャー。

地球誕生からの46億年を表す46mのうち、
隠岐の誕生・人類の誕生は、600万年前なのでたったの6cm。
隠岐が島になる・縄文時代の始まりは、1万年前なので、わずか0.01cm(0.1mm)
あなたはこれを見て何を感じますか。

image.jpeg

__.JPG

環境学習フィールドワーク
【実施場所】海士町 
【参加費】一人2,160円(4名以上で実施)
【定員】20名(7名までガイドの車にのることができます。人数が多い場合は車をご用意ください)
【所要時間】3時間半
【日時】希望日時でご予約ください。
【お申し込み】NPO法人隠岐しぜんむら
※代表者氏名・人数・団体名・電話番号・住所・メールアドレスをご連絡ください。
※特定のテーマでの研修プログラムをご希望される場合はお気軽にご相談ください。


隠岐は2013年世界ジオパークに認定されました。
【ジオパークとは】
私たちが住む地球のプレート活動や火山活動によって造られた大地と、
その大地の上に広がる生態系、そして、
私たち人の営みである歴史や文化などとのつながりを
楽しく知ることのできる場所です。
言い換えれば、地球の仕組みを知ることができる場所なのです。

ジオパークでは、「大地」「生態系」「人の営み」のつながりを見つけるとともに、
環境保全活動や教育活動、地域を元気づける活動を行っています。

【隠岐ジオパークの特徴】
隠岐がジオパークと呼ばれているのは、
目の前に広がる絶景や不思議な生態系、地元独特の文化から、
大地がどうやって生まれたか、人と自然はどうつながっているかを、
まるで探検するように学べるからです。
さまざまな謎を解き明かすカギを、見つけに来てください。



隠岐世界ジオパークのホームページ

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM