JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは!

ジオパーク講座第三回、中里地区田んぼ

中里地区といえば、住宅地が集中している中心部であり、東地区へと続く水田。

役場など、公共施設が集中しており、交通が一番多い部分です。

また、火山島のため平地が出来なくて稲作が難しいとされるなかで、海士町は水田地帯が残っており、

ブランドのお米も作っています。

どうしてこのような特殊な地形になったのか、説明させて頂きました。

皆さん真剣にメモを取っていました。

海士町が1つの噴火でなく、複数の噴火で流れた溶岩によって構成された島であること、

昔は中里が海であったこともお話させて頂きました。

やはり、地元の事もあって皆さん興味を持たれていました。

今回もたくさんの貴重なお話も聴かせて頂きました!

中里の皆さん、忙しい中来て頂き、ありがとうございました。

(あおい)

JUGEMテーマ:日記

 

お山の教室の新しいサイトができましたのでご案内いたします♪

http://ama-morinoyouchien.com/

 

過去の記事もこちらから読むことができます。

是非、ご高覧ください!

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは!

ジオパーク講座2回目は海士町の一番奥にある崎地区みかん

崎地区はとても特殊な地形をしており、一部の地域では日本海の寒さでは難しいと言われるみかんを生産しています。

みかんは北風が吹かない山の斜面になります。

なぜ崎地区の一部の地域でしかみかんができないのか、地形を説明させて頂きました。

今回は地域の皆さんにお話を伺う時間を設けました。

私の中では海士町の中でも一番文化が残っている印象の崎地区。

古くから続く祭りや建物が残っています。

お話を聴いていても、地区の方々も崎を大切にしており、

地域に対する愛情がすごく伝わってきました。

若い世代に文化を受け継いでいく。

その取り組みとして崎みかん再生プロジェクトがあげられます。

過去に崎ではみかんを生産していましたが一時衰退。

ですが約四年前から崎みかん再生プロジェクトを開始し、今は復活に向けて取り組みをしています。

木もすくすく成長しており、一時的に販売も行っているそうです。

私も今年買う予定です! すごく楽しみです嬉しい☆

崎地区のみなさん、貴重なお話と忙しい中、来て頂きありがとうございました。

(あおい)

 

JUGEMテーマ:日記・一般

今日、地域の人対象にジオパーク講座を行いました。

島外から来られた方にジオパークを知ってもらうことも大切ですが、

まず、島の方に海士町の歴史、地形について知ってもらうことが大切だとおもいます。

第一回目はフェリー乗り場のある菱浦船

村長も海士町に来て長くなります。文化について調べた結果や、地形や地質から発見したことを

みなさんに知ってもらうため、講座を開かしていただきました。

文化については皆さん小さいころから住んでいる分、身近な話題が多く、興味を示して頂いているように思えました。

地ができ、環境ができ、人の文化がある。

このピラミッド構造を知って頂くことで、環境を守っていくことがこれからの文化を守っていくのだと

皆さんに伝わっていると嬉しいです。

途中、私もお手伝いとして参加させて頂きました。

隠岐の島前は特殊なでき方をしており、それを説明するためにココアを使ったキッチン火山学という

ちょっとした体験を行わせて頂きました。

その他、海士町はなぜ山頂から湧水が出るのか

簡単に説明させてもらうと海水の上に淡水が乗っかっており、水圧等で押し出されているのですが

それを目で見て分かるように色のついた海水と淡水で実験させて頂きました。

ハプニングや、緊張でカミカミのところもありましたが、村長のフォローのおかげで何とか汗

菱浦は昔からある船着き場として大切にされている地区なのでその部分についても

お話を聴かせて頂きました。

地域の方々のお話が聞けて良かったです!

菱浦の皆さん、忙しい中、来て頂いたこと、沢山の意見を聞かせて頂いたこと、ありがとうございました笑顔☆

(あおい)

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは!

今日は快晴→曇りでしたが子どもたちの元気はマックスですわらう!!

知夫の里で朝食を食べて元気を付けた後、さあ!体験へ!!

今日は二班に分かれて知夫里島の一部を使ったウォークラリーを行いました。

子供たちにミッションを与えて、その場所まで行って答えを見つけるといった楽しみながら学ぶプログラムになっています。

すぐに見つかる場所もあればなかなか見つからない場所も・・・ペコちゃん

『ヒントあげよっか!』っていうと『いらない!』って。

頑張って探してもどうしても見つからないとき、『やっぱりヒントちょうだい。』

可愛いなぁと思いつつ、ちょっとだけいじわるしてみたりニヤ

ミッションの内容もただの看板やモノを探すのではなく知夫にある古墳や希少種なんかを入れたものになっているのでプログラムをしているうちにだんだんと島について興味を持っていました。

知夫で唯一の酒屋、後醍醐天皇が上陸した地、隠れた場所にある古墳、海ならではの柄が付いた瓦、

生活に活用されていたタブの木。

よく観察しながら歩くことでたくさんの歴史を見つけました。

マンホールなんかも地域の特徴を表していますよね!

ちなみに海士町はキンニャモニャ、西ノ島はイカ、知夫は牛になっています。

みんな地元のマンホールがどんな柄なのか聞いてみると首をかしげていました。

私も地元のマンホールは覚えていないです汗汗

その後は坂道を登って知夫の里へ向かいました。

途中、唐櫃古墳に立ち寄ってみんなで古墳の絵を描きました岩絵

お年頃の皆さん。ちょっと覗こうとするとすぐに隠します。見せてくれてもいいのにふふっ。…

 

色探しといったゲームなんかもしました。

みんなに好きな色のカードを選んでもらってその色と全く一緒の色の物をたくさん見つけてもらいました!

私は判定役でしたが、判定する側も難しい汗

これまた難しい色を選ぶもんですからたまったもんじゃないですよ笑

それでもすぐに『見つけたー!』と言ってくるあたりの観察力には若さを感じましたよ。

 

時間いっぱい、ゴールギリギリまでたくさんの物を見つけた皆さんにはご褒美の一品☆→おっとっと魚

疲れた体にちょうど良い塩加減。最高ですね。

『手だして』と言われて出したら少し分けてくれました泣く

今まで食べてきたおっとっとの中で一番おいしかったです!

目の前は絶景。そこから見る風景でチームごとにベストショットとその理由を発表してもらいました。

お花、知夫の岩肌、海、空の4セットがバランスよく入った画。お花を手前に持ってきて空と海の青セットを背景に持ってきて、そこにチームカラーの水色色鉛筆を添えた工夫の画。同じ場所でも視点を変えると違う画になるということを感じてもらいました。

 

その後はみんなで草原で休憩。

その間にウォークラリー中に描いた古墳見せてよとお願いすると『100秒以内に草原の端まで行って帰ってきたらいいよ』と。

鬼か!笑いやでも見たいし…。

ということで久しぶりに全力疾走しました。足が動かないなんてもんじゃありません。横腹抱えて走りましたよ。

それ見て笑ってる子どもたち。⦅絶対達成してやる⦆の一心でしたね。

ぎりぎり間に合って絵を観ることができました。

みんな上手びっくり!岩のくぼみまで再現していて芸術的☆本当に小学生かって思いました!

そんな馬鹿なことしてると御飯の準備ができました。お昼は隠岐名物サザエカレーライスを食べましたカレーライス食事

みんなたくさん歩いたおかげでお腹ペコペコ。沢山おかわりしていました!

その後は海岸に行ってシーカヤックと磯の自然観察を行いました。

シーカヤックは波が少しありながらもコントロールして漕いでいました。

手を振ると笑顔で返してくれましたバイバイバイバイ

磯の自然観察ではたくさんの魚や貝を発見虫眼鏡

この時期は小さなアメフラシもいました。

みんな腰まで浸かって一生懸命。

私も生きたものは初めて見るスカシカシパン(ウニの仲間)もいました感動

出会いがあれば別れもある。体験終了後は、みんなで海に帰しましたバイバイ

 

海を満喫した後は少し移動して貝の絵付けを行いました貝絵

私はみんなの絵が完成するまでに海士に戻らなければいけなかったので最後までいられなかったですが

みんなの事だからきっと個性的な絵を描いてるんだろうなと思います。

3日目は西ノ島ですが今回も海士町でお留守番でした。

ので詳しくお伝えすることができませんでしたが

笑顔で元気な体験ができたと聞いて楽しい体験になったんだろうなと思っています。

今回も安全に島前の良さを伝えることができました!

参加者さんの笑顔が私たちの動力源です。

これからも皆さんに隠岐を楽しく学び、笑顔になって頂くために頑張っていきたいと思います。

隠岐がどんなところなのか、どんな活動をしているのか発信していきますのでよろしくお願い致します。

(あおい)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは

今日は先日行われた隠岐体験学習の第二弾が行われました!

今回も本土の子供たちと沢山自然に触れました。

1日目:海士町火山

最初は明屋海岸でみんながもっと仲良くなれるように綱引きならぬ、綱押しというゲームを行いました!

一回戦が終わって、どうやったら勝てるのか、それぞれ作戦会議を行ってもらいました。

回数を重ねるうちにだんだんとコツをつかんできたのか意見が色々出てくるようになりました。

最後はいい勝負を見せてくれました!

みんなお話ができるくらいまで仲良くなってきたので

今回も行いましたボッカ釣り魚魚魚魚

天候は晴天晴れ

絶好の釣り日和となりました!

前回楽しかったということで今回は少し長めに時間をとらせて頂きました。

皆さん今回もコツをつかむのが速くてすぐに釣り上げていました釣り

実際釣り上げたのはボッカよりハゼやギンポが多く釣れました。

交流センターに戻ってからはみんなで火起こしをしたり、竹でサザエ御飯を炊くバンブーライスを作ったり竹火

火起こしは経験者かっ!っていうくらい上手でサポートの私はすることが無かったくらいです笑

バンブーライスでは竹を切ってもらいお米と出汁とサザエを入れて火のもとへ

炊けるまでのお楽しみ笑おんぷ

待ってる間、海士町伝統の民謡、キンニャモニャを島の方に教えてもらってみんなで踊ったりもしましたおんぷおんぷ

外で火番をしている私のところまで元気な声が聴こえてきました!

みんなで踊った後は、朝釣った魚たちを捌きました包丁魚

動いている魚たちを捌くのにはやっぱり抵抗あるみたいでみんなかわいそうと言っていましたが、

釣ったからには感謝の意を込めておいしく頂くのが礼儀と言ったら納得して捌いてくれました。

調理をするときは意外と女の子の方が捌けるみたいで男の子たちは抵抗していましたが

少しすると、意を決して『やる!』と言ってくれました。

みんなお家でお手伝いをしているというだけあります。

捌くのが上手いびっくり!!

大人顔負けの調理を披露してくれました。

食事準備もできたところで、いざ! BBQ‼

隠岐で獲れた海産物や野菜を頂きました貝イカ野菜

捌いた魚たちは前回は塩焼きにしましたが今回はから揚げにして頂きました!

みんな美味しいといい笑顔おかお(幸せ)キラン

お腹いっぱい食べて眠たいと言っている子もいました笑笑

 

 

お見送りの際は一生懸命練習したほら貝をバスの発車とともに鳴らしましたが発車音に負けてしまって

気づいてもらえなかったことが少し残念汗

明日は知夫里島。どんな体験ができるのか楽しみですね笑顔☆

(あおい)

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは

今日は島根大学の皆さんのジオレクチャーということでジオ講座を行いました。

今日は天気も良く、金光寺山の展望台に上り、海士町を見渡しながら、海士の独特な仕組みについて

お話を聴きました。

火山島なのに、西ノ島、知夫里島には無い平地が海士町に多くある事、この謎についても村長から

説明して頂きました!

海士町の作りがどうして今のようになったのか、それは人が住む前からの自然の力によって作られたこと。

独特の地形と独自の生態系をよりわかりやすく見てもらうために

金光寺山に生息している植物や、駐車場にある島前の看板を見てもらいました。

それに沿って村長の話を聴きました。

また、海士町が現在取り組んでいることや、海士町に関わらず、全国の市町村に共通する問題点もお話させて頂きました。

皆さん真面目に聴いて頂いて、村長も楽しそうに講座ができたように思います。

 

島根大学の皆さん、ありがとうございました。

また海士町に遊びに来てくださいニコッ

(あおい)

こんにちは!来る9月24日(日)トークイベントを開催します。

島で育つ子どもたちのことをみんなで考えるきっかけづくりができればと思います。

 

 

子どもの身体と心と脳がイキイキと育つ島へ 

〜大人の自分ができること〜


皆さんは、海士で育つ子どもたちが、10年後、20年後にどんな大人になっているといいなと思っていますか。

子どもたちは、どんな大人になってどんな暮らしがしたいと思っているでしょうか。

そもそも、子どもの性格や能力は生まれつきでしょうか。

毎日の体験の積み重ねが、子どもの身体や心や脳を作るとしたら、

私たち大人たちは、子どもたちにどんな環境を用意すればいいと思いますか。

そんなことをみんなで考える時間を過ごせたらと思います。

 

日時

9月24日(日)10:00−12:00

    

場所

隠岐総合開発センター 島民ホール

 

対象

興味がある方、どなたでも

特にオススメ

・お子さんがいらっしゃる方

・子どもに関わるお仕事の方

・普段子どもと関わることがある方

・子どもが好きな方

会場を広めに使うので、お子さん連れでも大丈夫です

 

託児 

・1歳〜6歳

・先着7

 

9月20日(水)までにお申し込みください

 

ゲスト

武田信子氏
武蔵大学人文学部教授 学生支援センター長 臨床心理士
 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんにちは

今日は海士町の風呂屋海岸でビーチクリーンフェスを行いました。

地元の皆さんと綺麗な海を残すために活動を行いました。

残暑の中、沢山の人に参加して頂きました!

ありがとうございます!

しぜんむらではただゴミを拾うのではなく、

なぜ漂着物が海士に来たのかを考える学習を取り入れた形で行いました。

最初にみんなでゴミを拾いますゴミ

その後にチームを組んで1チームに1つ漂着物を選びますペットボトルタイヤ浮

指定した漂着物がどう使われていたか、どういった経緯で漂着物になったのか、考えてもらって発表してもらいました。

どのチームもいろんな意見が出てきました。

話し合った結果、たくさんの漂着物がもともと必要とされていたこと、捨てられただけじゃなく

自然の原理で漂着物となってしまった物があることが分かりました。

漂着物はゴミばかりではなかったんですね顔

皆さんの協力のおかげで見違えるほどきれいになりました。

                               

Before                                                         

 

After

 

これからもきれいな海を守っていくために、漂着物を少しでも減るように取り組みを続けていきたいと思います。

参加者の皆さん本当にありがとうございました。

(あおい)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは!

今日は鳥取大学の皆さんにジオパークについてお話させて頂きました。

今回は時間や天候の都合上、外での講義は行われませんでしたが、

村長が研修室でパワーポイントを使って解説してくれました。

私も仕事を一時中断して参加させて頂きました。

皆さん教育制度と海士町の現在の取り組みについて

にとくに興味を持たれていて、自然を取り入れた活動についても真剣に聞かれていました。

夜のBBQでは、火起こしをしたいという生徒さんが手伝ってくれました。

慣れない作業に苦戦するところもありましたが無事着火枝火

隠岐の海鮮や野菜、お肉を残さず食べてくれました

おいしく食べて頂くために握った🍙おにぎり🍙。自家製こじょうゆ味噌をつけて食べて頂きました。

皆さんの喜ぶ顔が見れて良かったですにた

食事の席ではご無理を言って同席させて頂きましたが快く受け入れてくれました。

学校の話、海士町で受けた印象、これからの町づくりにどんなことが必要なのか

たくさんお話を聴かせて頂きました感謝☆

皆さん、それぞれ意見も違い、いろんな角度からの海士町を発見できて楽しかったです。

途中、学生さんが交流をもっと深めようとゲームなんかもしてくれました。

おかげで緊張もほぐれて皆さんと仲良くなれましたニコッ

解散前では皆さんの感情のこもったお話を聴かせて頂きました。

お話の途中、感情が高ぶってしまって泣いてしまった人もいました。

本当に感動しました。

私自身、喝を入れて頂いた気持ちです!

皆さんから聞かせて頂いた意志も含めてこれからの海士を見届けていくとともに

一部になって魅力をより多くの人に知っていただけるように頑張っていきたいと思います。

次会ったときはお互いの理想や取り組みをさらに深くお話できたらと思います

鳥取大学の皆さん、ありがとうございました花花

(あおい)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM