2009年度さいしょの「しまの自然楽校」
松江や米子などから、
12名の小学生が海士町にやってきました!

親元をはなれて過ごした
2泊3日の活動のようすを、
ほんの少しだけ、紹介しまするんるん

まずは1日目。

七類港。
大きな声で、「いってきま〜す!!」


中ノ島に上陸だぁ!


自由にいそ遊び楽しい


何がいるかな??


はじめて見るものいっぱい見る


寒くなったときのために、
流木でたき火もたきましたおてんき


波、楽しいよ!波


ベックの包丁講座。
安全に使おうね☆


肉並べチーム。
こんなにきれいに並べました拍手


みんなで協力して作ったお鍋☆
おいしく食べて、
体も心もあったか〜くなりましたモグモグハート大小



自分たちで遊びを考え、
自分たちで料理を作ります。
グループや料理の分担も、自分たちで決めました。
今日であったばかりなのに、
あっというまに打ちとけて仲良くなってしまった
子どもたち☆

団結して「きもだめしをしたい!」
という希望をかなえることもできました。

明日はもっと楽しいよ☆

〜2日目に続く〜

yopi

隠岐自然村では、去年から
「しまの自然楽校」というイベントを
行っています。

本土の子どもたちが島にやってきて、
2泊3日を過ごし、
大自然の中で思いっきり遊ぶという
イベントです。

昔は日常だった自然の中での遊びから
だんだん離れていく現代の子どもたち。
三つの「間」(時間、空間、仲間)
がないから遊べないと言われている今の子どもたちは、
自然の中で遊ぶ力も
失ってしまっているのでしょうか・・・?

いいえ、そんなことはありません。
ひとたび自然の中に出れば、子どもたちは
本来もっている想像力、冒険心、生きる知恵をいっぱいにはたらかせて
思いっきり遊ぶことができます。
必要なのは、きっかけと、あたたかく見守る大人。
私たちは、隠岐のすばらしい自然環境、包容力ある地域の中で、
子どもたちの力を引き出すお手伝いをしたいと
考えていますかたつむり

短い3日間、でもとってもでっかい3日間!
今年ももうすぐ、参加者がやってきますおてんき


(※去年の写真です)

yopiおはな

今日は、隠岐自然村の自然楽校のお知らせです。

隠岐自然村では、今年度より都市部の児童を対象とした
自然体験プログラム及び海士の産業体験で構成した
「隠岐・しまの自然楽校」事業を展開します。

第一弾として、海士町をステージに5月3,4,5日の期間
2泊3日の離島体験を募集中!

今回だけでなく8月、9月と来年の3月にも開催予定です。

隠岐自然村のスタッフだけでなく
地域の高齢者の方々や畜産営農者、
他団体や地元の児童も参加し
島丸ごとで都市部の児童を受け入れ、交流をいたします。

詳しくは、こちら↓をご覧くださいね。
http://www.geocities.jp/okishizenmura/shizengakkou.html




Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM